Tel:04-7123-2816 24時間対応  年中無休

葬儀後の主な法要

 法要とは、法事とも追善供養とも言い、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために行う供養の行事を言います。
仏教では、人は亡くなってから7週間(49日目)まで、現世と冥土の間をさまよっていると 言れています。
その間供養することで、死者の霊が無事仏として成仏すると考えられています。
この7週間を「中陰」と言い、亡くなってから数えて7日目にあたる初七日から、
二七日、 三七日、四七日、五七日、六七日、七七日と、7日目ごとの忌日に法要を行います。

初七日について

 初七日は、葬儀にひと区切りつける意味をもつため、大切な法要であります。
最近では、告別式に続けて行なう付七日が多くなってきています。

五七日(三十五日)について

 初七日以降の、二七日、三七日、四七日、までの法要は身内だけで行ない、
この五七日は、 手厚い法要を行うことが多かったのですが、最近では省略する傾向にある様です。

七七日(四十九日)について

 七七日は、「満中陰」「尽中陰」とも言い、一周忌までの法要の中で最も需要な忌明けの法要で、
一般的には、納骨法要も合わせて行います。
中陰棚を取り払い、白木の位牌は、納骨の時に菩提寺に納め、忌明けを境に本位牌に替えます。

百カ日について

 百カ日は、故人が新仏となって初めての法要になります。本来ならば七七日と同じ位の 規模で法要が行われていたのですが、
現在では身内だけで簡単に行うことが多くなって きています。

年忌法要、月忌法要について

 死亡した同月同日の命日を祥月命日と言い、祥月命日に行なう法要を年忌法要と言います。
死亡した翌年行う一周忌をはじめ
三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、 二十七回忌、三十三回忌を行います。
宗派にもよりますが、最近では切り上げる(弔い上げ)所が ほとんどの様です。 
※亡くなった年を「一」と数え、翌年の命日を一周忌、翌々年の命日を三回忌とします。

法要の主な流れ

 法要は、僧侶の読経のあと、施主があいさつを行い、食事を出して参列者をもてなすという 流れが一般的な様です。
※上記は、仏教による法要を紹介させていただいております。

お盆


お盆とは
お盆は、亡くなった方の霊がお里帰りをする期間です。

お坊さんがお経を挙げる意味は
いまは亡き人が餓鬼(がき)になってしまっているのが、ご供養をすると救われるという事です。

どんな事をするのか
・迎え火を焚いてご先祖様をお迎えする。
・灯篭、堤灯、盆棚を設置する。
・堤灯に火をともす。
・送り火を焚いてご先祖様の霊をお見送りする。
・お墓参りなど

※盆棚とは精霊をお迎えする祭壇の事です。
棚にはござや、真菰(マコモ)を敷き、中央に位牌を安置し、棚の左右には提灯、霊前灯、絵柄提灯を飾ります。
そして、ナスやキュウリで作った馬や牛、団子、季節の野菜などをお供えします。

お盆の時期には、家にあるお仏壇とは別に、盆棚・精霊棚(しょうりょうだな)を作ります。

仏壇というのは仏様の家でご先祖様が居候をしているんです。
盆棚・精霊棚は自分の先祖だけじゃない先祖の供養もします。

※施餓鬼とは仏教用語の1つで、餓鬼道に堕ちて苦しんでいる
餓鬼のために食べ物や飲み物などをお供えして供養する
仏教行事を言います。

   

自社ホール完備

 セレモニーホール
 大ホール/小ホール完備

   

霊安室完備

 9:00~21:00面会可能

寝台車完備

 自社完備のため低価格

送迎バス完備

 無料で送迎いたいます。
 その他法事等も対応致します。

↑ PAGE TOP